通訳Interpretation

K’sの通訳サービスの特徴

K’sでは「通訳」とは、単なる言葉の置換え作業ではなく、
“コミュニケーションの橋渡し役”と考えています。
つまり、お互いの文化や習慣など考慮し、
聞いている人に「意味が通じる」ようにすること。
AIには取って代われないプロフェッショナルを目指しています。

Point 1難易度の高い会議通訳が得意(交渉会議、戦略会議など)

難度の高い会議通訳が得意(契約交渉会議、戦略会議など)
2006年創業のK’sは15年以上にわたり、会議通訳に特化し、特に難度の高い契約交渉会議や戦略・開発会議の通訳を得意としております。また、取締役会や株主総会など同時通訳も多くの企業様からリピートでご依頼頂いております。
英語・中国語・韓国語に加え、ベトナム語、タイ語、インドネシア語、ロシア語など多言語通訳も対応。

Point 2オンライン会議の通訳も豊富

2020年のパンデミックによる移動制限によって、オンライン通訳のご依頼が急増しました。K’sではもともと2010年代からWeb会議通訳に対応していたこともあり、新しいお客様でも安心してご利用頂いております。ZooomやInterpreteXを使用した同時通訳に加え、オンライン会議自体の運営も承っております。

Point 3安心のコーディネータとサポート体制

安心のコーディネータとサポート体制
弊社の専任のコーディネータが、お問い合わせから業務の終了まで 責任をもって対応いたします。イベントや会議など複数の通訳者を派遣する場合は、コーディネータも同行し、打合せや人員配置など、きめ細かくサポートいたします。

Point 4海外での現地通訳者、国内での社内通訳者派遣も対応可能

海外での通訳、長期の社内通訳者派遣も対応可能
海外で通訳が必要な場合は、K’sの現地通訳者を派遣します。また、国内で長期にわたり社内通訳を必要とする場合、社内通訳者としての派遣も可能です。(労働者派遣事業許可番号 派27-302154)

料金・実績

料金・実績については、下記のページをご覧ください

守秘義務

私どもは、アテンド通訳から難度の高い契約交渉案件まで、長年にわたり非常に多くの通訳実績を積んでおり、多くのお客様にリピートでご依頼を頂いております。非常に機密性の高い案件も多いため、お客様と守秘義務契約を結び、また通訳者とも守秘義務契約を結び、コンプライアンスを徹底しております。
今まで積み重ねたお客様との信頼関係をより強くするよう、技術の向上と共に日々心がけております。どうぞ安心してご依頼ください。