多言語の国際会議やシンポジウム、海外複数拠点とのオンライン会議
こんなお悩みはありませんか?

願わくは、コストを抑え
参加者が母国語で「聞く・話す」をして
会議内容に集中して欲しい・・実現は可能??

それは、リレー同時通訳なら実現できます!

多言語の会議において、必要な言語の通訳者を揃える場合、かなりの人数が必要な上、リソース面でも困難が生じます(例 日本語とインドネシア語などの同時通訳者は稀)。そのため多言語での会議の場合は、国連会議もそうですが、リレー式同時通訳を採用しています。

登壇者は母国語で話し、1人目の通訳者が一旦英語にして、その通訳された英語を2人目の通訳者が各言語に通訳するという手法です。
この方法であれば、どんな言語でも通訳できるようになります。
また、一旦英語に集約するため、必要な言語の通訳者の数も集約することができ、コスト削減が実現します。

▷ 通常の同時通訳 vs リレー同時通訳 コスト比較

例えば、5言語での会議を行う場合、通訳者は何人必要でしょうか?
(5言語を、日本語・英語・中国語・韓国語・タイ語とする場合)
通常の同時通訳リレー同時通訳
  • 1言語に4人必要 (例 タイ語の場合、[タイ語-中国語][タイ語-韓国語][タイ語-日本語][タイ語-英語])
  • 5言語の場合、【5言語×4人=20人】。言語ペア重複があるため半分減り10人通訳者が必要。
  • 2名体制の同時通訳として、合計 20
  • 英語を基軸にした通訳者のみが必要。
  • つまり、全体で、[英語-タイ語][英語-中国語][英語-韓国語][英語-日本語]、4人の通訳者が必要。
  • 2名体制の同時通訳として、合計8

2.5倍の差(=コスト差)

▷ リレー通訳の詳細図

【5か国語の場合】
【プロセス】
タイ語
タイ人がタイ語でプレゼン
英語
それをタイ語→英語の通訳者が英語に訳す
各言語
その英語を聞き、中国語・韓国語・日本語の通訳者が各言語に訳す

※「リレー通訳」とは
3言語以上の時に用いられる通訳方法。例えばアマゾン奥地の少数民族(レシガロ語)にインタビューする場合、日本語から直接レシガロ語に通訳する人がいないため、一旦一人の通訳者が日本語から英語に訳し、その英語を聞いた別の通訳者がレシガロ語に訳し、コミュニケーションを取る方法。希少言語のほか、多言語が使用される会議に使われます(国連会議など

▷ リレー同時通訳のメリット vs デメリット

メリットデメリット
  • どんな言語でも通訳が可能
  • 多言語会議では、通訳者を半分以下に減らせる=コスト削減
  • 全員の通訳者のスキルが高くないと成り立たない
  • 英語軸のため、日本で英語・中国語以外の同時通訳者がいない

課題は、ハイレベルな各言語の通訳者を世界中で見つけチーム化できるか

そこで私たちは、多言語リレー通訳を成功させるため

Global Prime 通訳チームを結成!

多言語会議にリレー同時通訳!ハイレベルな通訳者を世界中から確保。コストダウンにもなるこの手法をご利用ください

ITにも強く、経験豊富なコーディネーターが、ご要望に合わせてご提案させていただきます。
ぜひご相談ください。

▷ 対応分野・言語

下記のリレー同時通訳が可能です。

アジア中国語 韓国語 台湾語 ベトナム語 タイ語 インドネシア語 ミャンマー語
欧米英語 ドイツ語 フランス語 スペイン語 ポルトガル語 イタリア語 ロシア語
中近東アラビア語

▷ 実績一例

Case study 1
会議内容品質管理会議
依頼主生活用品の大手メーカー
時間8時間の会議 2日間
会議形式完全オンライン
通訳方法リレー同時通訳
会議ツールZOOM +言語通訳機能 + リレー通訳用専用ソフト
参加人数100名
言語6か国語
(日本語、英語、中国語、韓国語、タイ語、インドネシア語)
通訳者数10名
(英⇔日、英⇔中、英⇔韓、英⇔タイ、英⇔インドネシア) 5名x2名体制
Case study 2
会議内容学術会議
依頼主生社団法人
時間8時間の会議 2日間
会議形式ハイブリッド形式
通訳方法リレー同時通訳
会議ツールZOOM +言語通訳機能 + リレー通訳用専用ソフト
参加人数200名
言語5か国語
(日本語、英語、中国語、韓国語、ベトナム語)
通訳者数12名
(英⇔日、英⇔中、英⇔韓、英⇔ベトナム)
4名×3名体制
グローバル会社のグループ企業内会議、国際シンポジウム、学会、セミナーなどにご利用頂いています。

▷ お問い合わせはこちらから


    必須お名前
    必須メールアドレス
    任意電話番号
    必須件名
    必須お問い合わせ内容