通訳実績と具体的な例Projects

実績

IR・経営株主総会、取締役会、タウンホールミーティング、経営会議、決算説明会、IRインタビュー、投資家向け業績説明会、各種セミナー(投資・金融・REIT・IFRS)ほか
機械・技術関連工場監査/内部監査、ISO会議、テクニカルセミナー、半導体事業プロジェクト
原子力関連原子力開発研究会議、原子力発電セミナー、原子力関連講義、福島視察 ほか
法律分野知的財産権セミナー、ライセンス交渉、ライセンス会議 ほか
広報・マーケティング展示会、ブランドコンセプト会議、マーケティング講演会、プレスインタビュー、営業担当者向けトレーニング ほか
大学・教育機関関連国際会議、フォーラム、カンファレンス、講演会 ほか
IT・情報通信JDE導入説明会、ERP(SAP)導入プロジェクト、IT社内研修、インフラマネジメント会議 ほか
エンターテイメントミュージシャン・スポーツ選手インタビュー、テレビ番組、海外取材随行、CM撮影、観光、美術館展 ほか
出版分野出版インタビュー、対談 ほか
VIP関連各国大使・領事のVIPアテンド通訳
医療・医薬分野内部監査、セミナー・シンポジウム、検査同行通訳、医療機器展示会、医療機器開発セミナー ほか

注意)

  • 全て同時通訳も対応しています。
  • 現在、オンラインでの会議通訳の依頼が多く、遠隔同時通訳システム(ZOOM, interpreteXなど)を使用して同時通訳を提供しています。
  • 対応言語は、英語・中国語・ベトナム語・フランス語など主要言語のほか30か国語が可能です。

オンライン会議通訳(同時通訳)

具体的な通訳実績例

取締役会通訳

取締役会通訳
依頼主様外資系メーカー様
時間2時間の取締役会
通訳方法日⇔英 同時通訳(同時通訳者2名)
機材パナガイド(弊社からレンタル)
概要2名の英語の同時通訳者を派遣。
パナガイド(弊社よりレンタル)を使い、15分交代で同時通訳を行う
外国人役員は、中国人、アメリカ人(2名)と、国籍は様々。
経営や財務のことに精通しているベテランの通訳者を2名派遣。難しい議題や日本特有の文化がある場合は通訳が大変であるが、昨今、外国人役員も増え、通訳現場を踏むことにより、文化的な感覚による違いが起こる部分は想像がつくようになってきました。
2020年以降は、オンラインでの会議が増え、遠隔同時通訳システム(ZOOM, interpreteX)を利用して、同時通訳を提供しています。


契約交渉会議通訳

契約交渉会議通訳
依頼主様原子力関連組織
時間8時間の交渉会議 2日間
通訳方法日⇔英 逐次通訳(逐次通訳者2名)
機材なし
概要2名の逐次通訳者を派遣。
小規模の会議のため、通訳機材は使用せず。
30ページ以上の英文資料をもとに契約交渉の通訳。難易度はかなり高く、弊社の通訳者の中でも経験豊かなトップクラスの通訳者が担当。
通訳者は事前準備として、膨大な英文資料を3回読み、理解した上で通訳に臨みました。基本的に15分ごとに交代して対応しました。
原子力関連の対応ができる通訳者は全国的にも少なく、K’sでは原子力の翻訳も得意であるため、原子力関連の通訳者も強化しています。
最近では、英語のほか、フランス語、中国語などの依頼が増えています。


技術開発会議通訳

技術開発会議通訳
依頼主様部品メーカー様
時間8時間の会議 10日間
通訳方法日⇔英 逐次通訳(逐次通訳者1名)
機材なし
概要日本と海外の技術者との開発会議の逐次通訳者を10日間派遣。一人の通訳者で全日対応が望ましいが、予定が既に埋まっている通訳者もいるため、3名で担当。前の日の通訳者からの業務報告を、次の通訳者に連絡し現場でスムーズに進めるようしました。
このような会議は、厳格な守秘義務のため、資料の取扱はパスワードをつけて渡し、プリントアウトは不可。通訳業務終了後、ハードコピー・データ共に、クライアント様へ返却およびPC上からの廃棄を行います。
会議出席の技術者は、用語や進行状況はお互いわかっているため、通訳の大きな役割はお互いが主張することを正確に相手に理解してもらうことになります。


シンポジウム通訳

シンポジウム通訳
依頼主様商工会議所連合会
時間4時間のシンポジウム
通訳方法日⇔英 同時通訳(同時通訳者3名)
機材同時通訳ブース
概要オープンガバナンス(市民参加型の社会)について、枠組み、海外での取り組み事例紹介のプレゼンテーションとパネルディスカッションの同時通訳を担当。
通常このような大きなシンポジウムの場合、当日開始前にプレンゼンター全員からブリーフィングをしていただきます。一堂に会して行うことが多く、ブリーフィングの段取りをするのも弊社の重要な役割となってきます。
本番では、原稿があってもアドリブで話をされることも多く、プレゼンターがどのような話し方をするのか確認することも重要になってきます。
現場での通訳者のスキル的なパフォーマンスのみならず、資料の準備、主催者とのやりとり、通訳者への密な連絡など、通訳会社が経験があり、十分な舵取りができることが成功の要因になります。


プラント訪問通訳

プラント訪問通訳
依頼主様台湾の電力会社
時間3時間
通訳方法日⇔中国語 逐次通訳(逐次通訳者1名)
機材なし
概要原子力発電所へプラント訪問と情報交換会議。
中国や台湾の企業の場合、最初は「英語か中国語かどちらか」という依頼が多いものの、最終的には中国語の通訳の依頼になります。
このように、海外の企業から直接、通訳依頼を受けることも多くございます。多くが営業か、契約交渉、外資系グループ会社の打合せで、海外投資家によるIR会社訪問も多く対応しています。


創立周年記念イベント通訳

創立周年記念イベント通訳
依頼主様イベント会社様
時間4時間
通訳方法日⇔中国語(同時通訳2名)と日⇔英語(同時通訳2名) 合計4名
機材同時通訳ブース
概要自動車部品メーカー様の創立周年記念イベントをスタジアムで開催され、海外グループ会社の社員も出席とのことで、日本語⇔英語、日本語⇔中国語の同時通訳の依頼をいただきました。
会場と通訳ブースの場所は離れていますが、通訳は問題なく終了。
こういったイベントの場合、日本人司会者が笑いをとる箇所の通訳が難しく、普段ユーモアをうまく訳すよう頭の練習も必要になります。


司会(バイリンガルMC)

司会(バイリンガルMC)
依頼主様イベント会社様
時間2時間のパーティ
通訳方法日⇔英 バイリンガル
機材マイク
概要外国人も多く参加するパーティやレセプションでは、司会に通訳をつけるというより、機転の利くバイリンガル司会者をご利用いただく方が、その場雰囲気を維持し、イベントを進めていくことができます。このケースでは、参加者が日本人と外国人が半々で、基本的に英語で進めて、所々で簡単に日本語で伝えるという手法をとりました。おかげで間延びせず、うまく舵取りのいくパーティになりました。
最近では、国際結婚も増えているため、結婚式でのバイリンガル司会者のご依頼も増えてきています。

その他K’sの通訳サービスの実績例

IR・経営株主総会、取締役会、タウンホールミーティング、経営会議、決算説明会、IRインタビュー、投資家向け業績説明会、各種セミナー(投資・金融・REIT・IFRS)ほか
機械・技術関連工場監査/内部監査、ISO会議、テクニカルセミナー、半導体事業プロジェクト
原子力関連原子力開発研究会議、原子力発電セミナー、原子力関連講義、福島視察 ほか
法律分野知的財産権セミナー、ライセンス交渉、ライセンス会議 ほか
広報・マーケティング展示会、ブランドコンセプト会議、マーケティング講演会、プレスインタビュー、営業担当者向けトレーニング ほか
大学・教育機関関連国際会議、フォーラム、カンファレンス、講演会 ほか
IT・情報通信JDE導入説明会、ERP(SAP)導入プロジェクト、IT社内研修、インフラマネジメント会議 ほか
エンターテイメントミュージシャン・スポーツ選手インタビュー、テレビ番組、海外取材随行、CM撮影、観光、美術館展 ほか
出版分野出版インタビュー、対談 ほか
VIP関連各国大使・領事のVIPアテンド通訳
医療・医薬分野内部監査、セミナー・シンポジウム、検査同行通訳、医療機器展示会、医療機器開発セミナー ほか

上記は一例に過ぎませんが、K’sでは様々な通訳の現場を踏んできております。
今後、AIによって通訳者も必要なくなるかも知れませんが、私たちが対応している通訳は難易度がかなり高かったり、機転の利くコミニュケーションが必要な場面であり、このエリアはまだまだ通訳者が必要であると思います。