外国人雇用に関する助成金情報(人材確保等支援助成金)

外国人労働者の職場定着のための助成金をご存じですか?

人材確保等支援助成金について

外国人労働者は、日本の労働法制や雇用慣行などの知識の不足や、言語の違いなどから労働条件・解雇などに関するトラブルが生じやすい傾向にあります。この助成金は、外国人特有の事情に配慮した就労環境の整備を行い、外国人労働者の職場定着に取り組む事業主に対して、その経費の一部を助成するものです。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000199292_00008.html

例えば就業規則等を翻訳することや、相談窓口の設置に関する通訳などがこれにあたります。

主な受給要件について​

(1)外国人労働者を雇用する事業主であること

(2)外国人労働者に対する就労環境整備措置(1及び2の措置に加え、3~5のいずれかを選択)を新たに導入し、外国人労働者全員に対して実施すること
1 雇用労務責任者の選任
2 就業規則等の社内規程の多言語化
3 苦情・相談体制の整備
4 一時帰国のための休暇制度
5 社内マニュアル・標識類等の多言語化

(3)就労環境整備計画期間終了後の一定期間経過後における外国人労働者の離職率が10%以下であること

就業規則などの翻訳(英語・中国語・ベトナム語ほか)
研修の通訳手配に関するお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ

助成金申請に関しましては、社労士事務所の紹介も可能です。
まずはお気軽にご相談くださいませ。